尾道の疼痛専門セラピスト のブログ

「痛み」の専門家で病院勤務を経て起業した作業療法士のてっつぁんです。徒手医学とリハビリテーションについてのマーケティングをしています。

姿勢が痛みの改善に役立つ!?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

ブログを始めて半年経ちましたが、やっと記事を50個書くことができました。

多くのブロガーさんの記事もたくさん拝見し、皆さんとてもエネルギーの要る作業を続けているなと感じました。

 

そこで、

1つの記事を長々と書くことよりも伝えるべきことを明確にして、

数回に分けてお伝えしていくという方法も導入してみようと思います。

 

 

 

ここではセラピストにとって体幹の重要性について言及していきます。

やや難しい表現も含まれますが、かみ砕いて説明できるかは自分の表現力次第です・・・

 

 

さて、

あなたがもしセラピストなら、次の質問には明確に答えられなければなりません。

 

 

 

 

 

「人間の運動を2つに分けると?」

 

 

 

 

 

これに対する私にとっての正解は

  • 随意運動
  • 姿勢制御

の2つです。

決して「手の運動と足の運動」ではありません。

 

 

随意運動は「コップを取ろう」とか「脚を上げよう」といった意思に基づいた運動のことで、

平たく言うと「目的のある関節運動」です。

 

 

一方、

姿勢制御は意思とは関係なくオートマチックに機能している要素です。

例えば「座っているときの背筋の持続的な収縮」や「手を伸ばしたときの重心の変化に対するバランスの取り方」など、

体幹を中心とした「支える働き」が主体です。

 

 

つまり、

我々が違和感なく高いところに手を伸ばしたりボールを蹴ったりと随意的な運動を円滑に遂行できるのは、

それを支えてくれる不随意的な姿勢制御が機能してくれているためだと分かります。

 

 

専門的な表現をすると

随意運動は外側運動制御系

姿勢制御は内側運動制御系

 

といい中枢神経系から出力される神経経路自体が異なっており、

2つの経路は別々のものではあるけれども

協調的に機能することで効率のよい運動がつくられている(↓下図)

この事実に基づいてリハビリテーションは展開されていくことが望ましい訳です。

f:id:toratezza0316:20170706012323p:plain

 

高齢者や外傷後などで身体構造に変化を来たした対象者の多くが

「脚が弱った」「背中が曲がった」

などの問題を訴えらますが、

これに対して「随意」と「姿勢」のどちらに問題があるのか?

という疑問を持つ習慣が求められます。

 

 

経験上、

姿勢制御が機能せず随意運動によって代償している対象者が圧倒的に多いです。

 

彼らは客観的には動けているけれども協調的でなく、オートマチックに制御するべきところを随意的に(=力むことで)支えています。

同じ部位への繰り返される機械的なストレスから「痛み」を感じるようになります。

 

 

それを解決するには姿勢に関わる要素の改善が必須です。

 

つまり、

姿勢が安定する

→最適な筋出力を調整出来るようになる

→代償的な力みがなくなる

→局所的なストレスが改善し痛みが軽減する

 

といった具合に、運動の効率を上げることで結果的に痛みが制御されます。

 

 

リハビリテーションにおいて、

現象として筋力が低下している対象者の問題を随意運動と姿勢制御のパワーバランスの問題と捉えることで戦略が変わってくることが分かります。

 

 

 次回はコア・スタビリティについて掘り下げていきます。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

内蔵を動かすリハビリテーション

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

 

つい先日のことですが、肥満の方が集団でダイエットに取り組むテレビ番組についつい見入ってしまいました。

 

体脂肪だらけの彼らを相手に、あの手この手で痩せるための戦略を使っていく訳ですが、

肥満の身体にムチ打って限りなく限界まで追い込む

という作業を繰り返した結果、どうにか8人合せて100kg分の減量に成功する

という、ある意味感動的な番組でした。

 

 

何が言いたいのかというと、

プロのトレーナーは筋骨格の問題内蔵の問題の両者にフォーカスしている

というとです。

 

我々の業務は何かしら身体に問題を抱えている対象者への指導という点で共通する部分が多いのですが、

一般的にセラピストは対象者の筋骨格に対するトレーニングしか提供しない

という現状があります。

 

番組内で、トレーナーは

彼らの「内臓脂肪」を燃やして中身から改善させることを目的に「内臓をひねる」「美腸エクササイズ」などを戦略として用いていました。

つまり体幹へ刺激を入れて消化器官や臓器の働きを活性化させる

という作業を意図的にされていたのですね。

 

 

以前こんな記事を書きましたが・・・ 

toratezza0316.hatenablog.com

 

おさらいになりますが、

  • 筋膜と内臓は密接につながっており、内臓が過負荷に晒された状態では骨格筋の働きも鈍ってくること
  • 現代人はとかく内臓に負担をかける生活様式であること

 

ということです。

 

f:id:toratezza0316:20170630074728j:plain

 

臓器には様々な役割がありますが、ざっと分類すると

消化、吸収、排泄、解毒、循環、免疫 

といった具合です。

 

 

これまでの臨床経験から、

何らかの痛みを抱えた方は大抵これらの機能が停滞している印象があります。

 

例えば、

慢性的に痛み止めを服薬している方の肝臓付近の腹膜は緊張しやすい傾向にある(肝臓は異物に対して解毒作用を発揮するため)し、

腰痛のある方の骨盤付近の腸の蠕動運動は乏しくなっていることもしばしば見かけます。

 

自分のお腹に手を当てて少軽く圧迫を加えたとき、

  • 硬さや緊張感に左右差がある
  • 明らかに痛みを感じる部位がある
  • そもそも肋骨や骨盤の位置が左右で違う

 

など、何かしらの異変を感じる部位があれば、その場所に相当する器官のストレスが考慮されます。

 

あなたがもし痛みを抱えているのであれば、

一度自分の身体の中で恒常性の低下している要素について確認してみる、見当をつけることも重要になりそうですね。

 

 

西洋医学は間違いなく救命や治療の質を高めましたが、身体の原理原則に則って自然治癒力を高めるための医療はどちらかというと遅れています。

 

 

具体的な問題解決については個別に相談させていただいておりますし、また追って紹介させていただければと思います。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

 

頭痛に対する治療とは?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

最近、気候の変動に伴って妻に頭痛の症状が現れました。

元々生理不順で身体も硬く、小柄な体格に同職種者という職業柄 身体的なストレスが蓄積されやすいようです。

 

筋膜性のトラブルに関しては比較的簡単にコントロールできるのですが、女性の身体は何せ複雑です。

 

以前こんな記事を書きましたが・・・

toratezza0316.hatenablog.com

 

 少しおさらいすると、

人間の呼吸方法は「肺」ともう一つ、

脳と脊髄の表面を流れる「脳脊髄液の循環」

によって成り立っています。

 

脳脊髄液とは、衝撃を吸収し栄養分と老廃物を血流と交換することによって中枢神経(脳と脊髄)を支える水分のことで、

豆腐のように柔らかくデリケートな脳を取り囲むことで保護しているわけですね。

 

現代人は情報過多な世界に住んでおり、とにかく脳へのストレスが著しい上に栄養や消費のバランスも怪しくなりがちです。

 

すると、

中枢神経系の疲労に対して脳脊髄液からの供給が追いつかない

という事態が発生します。

 

したがって、

脳や脊髄が栄養不足になればホルモンや自律神経関連のトラブルが出現してくる

ということも理解しやすいかと思います。

 

代表的な現象としては頭痛、生理痛、冷え症、便秘、腰痛etc...

 

これらの問題は女性に多い傾向にあります(女性にしかないものもありますが・・・)が、

やはり身体構造的に男性よりも女性の方が脆弱性が高いということなのでしょうか。

 

これらのトラブルを改善させるためにはライフスタイルや生活環境の見直しが重要になってきます。

 

ただし、

我々は「はいそうですか」と自分の生活パターンを聖人君子のごとく整えることなどまずできませんし、

そもそも目に見えない指標に対してストイックに取り組むモチベーションを維持すること自体が人間は苦手です。

 

 

そこで、

セラピストである私は、外から循環を改善させるという方法を選択します。

 

以前にも申し上げたように、

頭の骨は一塊のものではなく伸び縮みするような構造になっており、脳脊髄液の循環に合せて頭の丸みが膨らんだりしぼんだりする

=「一次呼吸」が成立しています。

f:id:toratezza0316:20170628071740p:plain

ちょうど歯車のように頭の骨同士が連動して機能しているといった感覚でしょうか。

 

妻の場合、

頭を覆うように両手で触れたとき、右側に対して左側の動きが不鮮明で頭皮の滑りも抵抗がありました。(もっとも、頭の動きなんてコピー用紙1枚分程度の厚みの変化しかありませんが・・・)

 

これに対して左の動きを広げていくような操作を加えます。

 

すると、

頭蓋骨の動きに対称的なものになってきます。

 

その直後、

「頭がスッキリした」

「軽くなったよ」

「痛みがどっか行った」

と明らかに変化が生じます。

 

一次呼吸の状態が身体のコンディションにおいて極めて重要であることが分かりますね。

 

 

脳血管関連の病態をお持ちの方などは、特にこの辺りのフィジカルアセスメントが必要ではないでしょうか。

脳の可塑性(元に戻ろうとする力)を発揮する上では脳が良好な栄養状態を確保することが大前提です。

セラピストは目に見える現象だけでなく、身体の原理原則に基づいた治療を考慮してみてはいかがでしょうか。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

腰痛の原因を鑑別する

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

 

やっとブログのテーマにふさわしい内容を再開します。

 

当たり前のことかも知れませんが、

高齢者の身体は、その方のライフスタイルが年月を経て構造上の変化と、それに伴う組織の微細損傷を来たしている場合が多く、

いわゆる「健康老人」であっても高齢者の約50%が何かしらの「痛み」を抱えている、という現状があります。

 

したがって、

膨れ上がる介護問題や、医療費云々といった課題に対して我々セラピストが現場レベルで出来ることは、

高齢者の自立度に直結する「痛み」という問題をどれだけ改善に導けるか

に集約されると思っています。

それによって不必要な投薬や税金の流用を防ぎ、何よりも顧客の健康寿命を高める可能性を持った、唯一無二の職種だと信じています。

 

 

 

先日、腰痛を主訴に相談を受けた90歳代の男性の話です。

 

f:id:toratezza0316:20170625194933p:plain

私の存在を紹介されてやってきたその方は、身だしなみをきちんと整えておられ、一目で他者に依存することをよしとしない方だと分かりました。

 

「病院は行ってもまともに取り合ってくれんよ」

「揉み医者には何回か通ったことがあるんじゃが・・・」

「家の中でも杖をつかんと歩けんようなってね・・・」

 と、やはり色々な経験をされた上での来訪です。

 

地域柄、畑仕事をライフワークにされている方が多いのですが、

しゃがんだり土を掘ったりと機械的なストレスに晒され続けることで姿勢を制御する組織の筋疲労が慢性化し、徐々に本来のパフォーマンスを発揮しにくくなります。

 

これまで繰り返し紹介してきたように、

筋疲労が慢性化している組織を単純に「筋力が弱い」と一括りにして鍛えさせようとすると、かえって組織損傷を招くわけです。

 

その結果、

「頑張って脚の力をつけたり歩くリハビリをしてはいるんですけど痛みが強くて中々距離が伸びませんね・・・」

などと言い訳をすることになります。

 

 

高齢者の多くに見られる特徴として股関節の可動性、特に伸展方向への制限があります。

平たく言うと前傾姿勢をとりやすく、歩く時には股関節の動き自体が少ない

という現象です。

 

 

骨格筋の中で最も大きな「大殿筋」というお尻の筋肉は、姿勢を保つ上で重要な役割を担います。

 

f:id:toratezza0316:20170625194736p:plain

 

オーバーワークや老化によって大殿筋が硬くなる

→「お尻を引き締める」という機能が衰える

→上体が重力に負け背筋が過剰に働く

→頸から腰の全域が疲労し体幹の柔軟性も破綻する

 

結果、 

寝返りや起き上がること自体が難しくなり、体幹を使うあらゆる動作が稚拙になってくるんですね。

 

これが世間的に「年のせいですね」と言われて終わる腰痛の病態(の一例)ですが、

この方のフィジカルアセスメントにおいてもまさに大殿筋のトラブルを抱えていました。

 

 

したがって、エクササイズの目的は

「大殿筋の働きが安定して効率よく姿勢が保てるようになること」

体幹の柔軟性を確保すること」

となります。

 

 

硬さが取り除かれてくるとその場で「腰が軽く」なり、起きたり立ち上がったりが「楽になった」と自覚されるのが確認できます。

 

帰宅後は、これまで痛みのために出来なかった畑に出てみたところ調子よく作業ができたそうです。

 

 

現在のシステムでは、

高齢者は痛みのために生活に支障を来たした時点で認定を受け介護支援的なサービスを検討するところです。

しかし、

地域に筋骨格系に精通した「かかりつけ」がいれば適切なフィジカルアセスメントを基に早い段階で根本的な問題を解決出来る可能性が高まります。

 

私はそのような存在になるべく、日々出来るだけ多くのことを吸収して高い価値を提供するべく動いています。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

高い水準のルーティンをつくる

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

 

そろそろ臨床的な内容を含んだ記事を再開していこうと思います。

その前に、

少し前から戦うステージが変わり、働き方にゆとりを感じるようになりました。

 

結果、

朝のピリピリした感じや迷走してばかりの組織の方向性に振り回されることなく、穏やかな気持ちで臨めるようになりました。

 

思いのほかメンタルコンディションは重要で、対象者と向き合う前に自分の内面が安定していることで精度が上がって来たように感じます。

 

また、

私の価値を認めて下さる新しい繋がりができ、私自身も「与える者」としての人生のタスクを大切にしていきたいと思っています。

 

 

さて、

我々セラピストに限らずあらゆる仕事には「引き継ぎ」というものがあります。

 

f:id:toratezza0316:20170623001958j:plain

前任者から仕事の内容を受け、消化した上で自分の能力が発揮できる戦略へと落とし込む作業だと理解しています。

 

したがって、

「前任者と全く同じことをしなければならない」などということはほぼないでしょう。

 

 

ある仕事の目的に対して、

目先の目標やそれに到達するために必要な戦略を立て、

実際の戦術として実働する。

 

つまり、

引き継ぐときに最も重要なのは顧客が抱える問題や利用できるリソース、長期的な展望などであって、具体的な手段は新しい担当者が自分の価値感と責任において判断することだと思っています。

 

特に専門家の集団では、それらが横の関係を築く上で重要です。

 

「〇〇を何回」

「××を何分」

「△周歩く」

というメニューの押しつけはいわゆる「使いっ走りのデレゲーション」と呼びます。

 

レゲーションとは、所有している権利や責任を他者に譲ることです。

「こうしろ」「ああしろ」という戦術のみの指示は極端な話「奴隷やパシリ」として扱うということになり、責任も権利も譲ったことにはならないため指示した方の負担は変わらず有能な人材も育ちません。

 

仕事を任せる相手の自由意志や自覚、良心、想像力を尊重すること、結果に責任を持たせることで、時間はかかるが後に何倍もの効果を生み出すことに繋がる

とスティーブン・R.コヴィーは言います。

 

f:id:toratezza0316:20170622233142j:plain

 

世界的に有名な著書ですし、全てを紹介するとなると非常に骨が折れる作業になりますが何度読み返してもその都度気づきが得られる本です。

 

いつの間にか臨床関係なく最近のパターンになってしまっていますが・・・

セラピスト1人1人が自己責任において課題と向き合うことをルーティンワークとしていけるよう働きかけていきたいと思っています。

 

 

7つの習慣についてはまた事ある毎に触れていこうと考えています。

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 

伝え方で人生が変わる!?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家のブログへようこそ!

 

どのように文章を書けば心に響くメッセージができるのか、日々本や多くのブロガーの皆さんの記事を読み漁り参考にさせていただいています。

 

そんな中、あるコピーライターの著書から心に刺さる英語訳の文章を見つけました。


f:id:toratezza0316:20170620125730j:image

 

この時代に生きる 私たちの矛盾

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 得る物は少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利になったが 時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない

専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず

計画は増えたが 成し遂げられていない

たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず

レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦でかせいでも 離婚も増え
家は良くなったが 家庭は壊れている

忘れないでほしい 愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り その時間を慈しむことを

愛し 話し
あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない

どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

 

 

この原文はボブ・ムーアヘッド牧師の説教として知られていますが、

コピーライティングのプロでもぐぅの音も出ないほど秀逸な技法が使われた文章だそうです。

 

この本では大きく分けて2つのテクニックが紹介されており、

相手の立場に立ってメリットを強調する

強い言葉を使う

という切り口ですが細かいテクニックはさておき、

結局のところ人は感動によって動かされるということは理解しました。

 

自分の利益のために読んだ本で、生き方を反省させられるとは。

 

結局何が言いたかったのか結論が不明確になりつつありますが、

家族や顧客、同僚・・・目の前の一人一人から信頼口座を高める役割に務めていこうと思いました。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

自立とは何を指すのか?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道で唯一の疼痛治療専門家 のブログへようこそ!

 

 

自立という言葉について、以前から考察してきたことを記事にします。

あなたがもしセラピストなら、この単語からは即座にADL(日常生活動作)のことをイメージされるでしょう。

 

もちろんリハビリの対象者が自分のことを自分でできることは重要ですし、目指すべき目標であることは間違いありません。

 

ただ、もう少し広い意味で考えるとき、我々は何をもって「自分は自立している」と判断できるのか。

 
f:id:toratezza0316:20170617225935j:image

この本の中で、自立についてこのように述べられています。

 

子どもは身体的な劣等性から、己の弱さをアピールすることで周囲の大人を支配し、自分の望み通りに動いてもらわなければ明日の命さえ危うい。

甘えやわがままで泣いているのでなく、生きるためには世界の中心に君臨せざるを得ない。

全ての人間はこの過剰な程の「自己中心的」なライフスタイルから出発するが、いつまでもその場にはおれず自分が世界の一部だと了解しなければならない。

つまり、自立とは自己中心性から脱却して「私の幸せ」でなく「私たちの幸せ」を考えられるようになること

だと言います。

 

 

私は大学を卒業し就職したとき「やっと自分は自立した」と感じた覚えがありますが、この考え方に基づいて振り返ってみると

就労しているかどうか、経済的に充足しているかという問題ではなく人生への態度やライフスタイルという側面において、

仕事の質よりも自分の利益(趣味や金銭的な充足)のためだけに過ごしてきたという点で子供時代と大差なかったな

という結論に至り、まぁまぁヘコみました。

 

人間は誰しも他者から認められたい、特別な存在でありたいという欲求を少なからず持っています。

私など特にその傾向が強い人間だと恥ずかしながら自分でも思います。

極端な話、「国家資格持ったから一人前」とか、「大きな病院に勤めてるんだから優秀でしょ?」と心のどこかで思っていた暗黒の時代がありました。

 

私の原点 - 尾道の疼痛専門セラピスト のブログ

 

「私を尊敬しろ」「私を愛せ」などと言う人間に尊敬が集まるはずがありませんし、愛されるとも思えません。

 

与えよ、さらば与えられん

 

という言葉があるように、他者から信頼を得たければこちらから無条件に信頼を寄せなければならないという原則があります。

 

我々の仕事で言えば、

顧客の話を聞いてどのような価値観や希望を持っているかを確認する。

顧客の利益に直結するものを提供する。

課題が複数あると感じたら、顧客が笑顔になれる方法を選択をする。

 

究極的には顧客を愛するよう努めるという人生の態度を選択するかどうか。

なお、誰かを愛することは単なる激しい感情ではなく、決意や約束、貢献することや二人で成し遂げる課題であるとアドラーは言います。

 

これらの課題を通して、主語が「わたし」から「わたしたち」に変化することで自然と信頼が生まれ自立した人間と言えるのですね。

 

セラピストは対象者を医学的な視点での自立へガイドする事はもちろん大事なのですが、自分自身も自立した存在かと問い続けることが必要になりそうです。

 

 

なんだか抽象的な話になってしまいましたが、前作も含めて何度読み返しても自分の人生について考えさせられる本だなと感じさせられます。

 

今日もここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。