読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尾道の疼痛専門セラピスト のブログ

尾道・御調で唯一の疼痛専門セラピストから、病院の内情や自身の想い・展望など発信していきます。

肩甲骨を使って動きやすくなる?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道市で唯一の疼痛治療専門家のブログへようこそ。

 

今日もぐずつきがちな娘のおかげで2時に目が覚め、

こうしてPCに向かっています。

 

 

さて、

あなたの肩甲骨は正しい位置に収まっていますか?

 

何度も触れていますが、

身体の土台が適正な状態であることは

家でいうと床面が平らに保たれている

くらい必要不可欠な要素です。

 

床が傾いている家に住むことは

相当な身体的負荷や不快な気分にさらされることは想像できるはずです。

 

 

リハビリテーションの現場において、

ある程度高齢の対象者はもちろん、

そこそこ若い人でも右の図のような立ち方・歩き方になっている様子を毎日のように見かけます。

f:id:toratezza0316:20170324053743j:plain

外傷や脳卒中・加齢による身体構造の変化に伴って、

身体活動が少なからず制限のある状態で動こうとすると

人間はどうしても視覚的な代償を求めます。

 

健康な状態では無意識的に正中(まっすぐ)を保ち

「自分らしい動き」を寸分の狂いなく再現します。

 

病的な状態においては、

自分らしい動きよりも安全性を優先するため

意図的に身体を固め、感覚よりも筋力発揮する

ことにエネルギーを費やしてしまうのです。

 

 

そして、

なぜか現在の医療では

「それなら容量を増やせば良い」

(=しっかり歩いて体力をつければ疲れなくなる)

ことが常識としてまかり通っています。

 

つまり、

リハビリテーション専門家に求められるのは

対象者を限界まで追い込むこと

です。

 

 

 

 

 

・・・ちょっと待って下さい。

 

なら別に専門職でなくてもそこら辺の素人の方に白衣を着させてちょっと指導すれば済むことです。

 

我々は診療報酬を得る存在です。

顧客に価値を感じてもらえるサービスを提供する必要があります。

 

 

いつも前置きが長くなるのですが、ここからが重要です。

 

 

最初に申し上げたように、

身体の土台は肩甲骨と骨盤です(今日の記事では肩甲骨にフォーカスします)

f:id:toratezza0316:20170324055944j:plain

身体を固めている状態とは、大部分の対象者にとって

背中を丸めて背筋を必要以上に伸ばしている状態

と言い換えることができます。

 

このとき、

肩甲骨は外側にズレた状態となり、

そうした姿勢が続くほどズレが定着していきます。

 

背骨の曲がった高齢者も、軒並み肩甲骨が脱落した姿勢です。

 

 

先日、

上腕骨骨折後の高齢女性の治療中姿勢について伺うと、

「腰を悪くしてから背中が曲がった」

「もう何年も経つけど良くならん」

「長く歩くと疲れるから休み休みです」

という、典型的な円背症状でした。

 

この問題に対して、

脱落した肩甲骨(正しくは肩甲骨と体幹を繋げる筋肉)を修正したところ

明らかに姿勢がよくなり「歩きやすくなった」

と仰いました。

 

なお、

この方は他の施設でデイサービスを受けながらトレーニングも指導されるのですが、

一度も身体を触ってもらうことなく鍛えさせられていたそうです。

 

 

顧客が価値を得られるかどうかは我々の商品力次第です。

高齢であっても、

適切なフィジカルアセスメントによってパフォーマンスが改善する余地が必ずあります。

 

我々には顧客の人生の質がかかっていることを常に肝に命じながら、

専門職として知識と技術を磨く必要があります。

 

あなたがもし医療従事者であれば、

エクササイズというものに対して少し見方が変わる助けになれば幸いです。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

首の痛みで寝られない!どう治療する?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道・御調で唯一の疼痛専門セラピストです。

 

気付けば春がそこまでやってきていますが、

御調町の朝は相変わらず冷え込みます。

 

 

さて、

近年はパソコンやスマホの影響で、

首に慢性的なストレスを抱える人や

「ギックリ首」という問題も多くなってきました。

 

 

今日の記事は、

首の外傷がないにもかかわらず

「首が痛くて寝られなかった」という症状について考察していきます。

 

 

この話は、

腕と脚を同時に骨折したある患者さんの経験に基づいたものです。

 

 

脚を骨折すると、

暫くは「歩く」という動作が制限されます。

 

すると、

「体重を支える」という機能が衰えていくため

「予防」という視点でリハビリテーションが必要になります。

 

単純に考えれば、

脚の力をつけるための筋力トレーニング

ということになるのですが、

そもそも対象者は骨折という身体構造の破綻を来たした状態にある

ことを忘れてはなりません。

 

実際、

この患者さんは脛(すね)の骨折にも関わらず

「座ってると怪我した方のお尻が痛くなるんだよ」

と、受傷前にはなかった症状がすでに出ていました。

 

つまり、

外傷をきっかけに筋膜が引っ張られてお尻の筋肉が固くなり

物理的に加重を持続できない状態にある

と解釈できます(筋膜についての詳細はコチラ

 

 

その状態で更に筋トレをするとどうなるか?

 

硬さがどんどん拡散して上の方へと影響してきます。

 

しかし担当のセラピストは、

予防のためにと初日から脚に重りを巻いて筋トレをさせ続け、

数日後ついに・・・

 

「昨日の夜から突然首が痛くなって耳がズキズキ痺れて・・・」

「痛み止めも効かないから、もっと強いのないの?と聞いたら『これ以上強いのは麻薬しかない』と断られた。湿布もあちこち貼ってる」

 

 

なお、

この患者さんは腕も同時に骨折しているため、

担当セラピスト(理学療法士)は

「首の痛みは腕から来てますね、私はそっちは専門外なので作業療法士に診てもらってください」

と自分のメニューを疑うことなく続けます。

 

 

そして私の仕事はここから始まります。

 

元々痛みの強くなかった腕よりも、お尻の筋肉にターゲットを向けます。

 

なぜお尻から首に症状が出てくるのか?

f:id:toratezza0316:20170318090552p:plain

図に示したように、

お尻と首は脊柱起立筋

腰と肩は広背筋

で繋がっています。

 

 

すでに固くなっていたお尻の筋肉が、

これらの筋肉にも悪影響を及ぼすことで

「首が痛い」「肩が痛い」

という問題を二次的に発生させます。

 

つまり、

脊柱起立筋の出発点(お尻)のトラブルが終点(首)に症状を出現させる

ことが理論的に説明できます。

 

 

原因を鑑別出来れば、あとは検証作業です。

 

お尻の筋肉を緩めてニュートラルな状態に戻してあげることが出来れば、首の痛みが解消される

 

この仮説を基に、

私の治療は展開していきます。

 

そして、

お尻の筋肉の中でも特定の部位に触れていくと

「あ、そこすごく効きます」

と本人が自覚できるレベルの反応が出現し、

数分後には

「なんか首が楽になってきました」

と変化が生じます。

 

治療後、この患者さんはすぐに

「もう痛み止めは要りません」

と看護師に連絡されたそうです。

 

 

そろそろまとめに入ります。

 

外傷の有無にかかわらず、

痛みの原因を鑑別することが治療に繋がる

ことがお分かりいただけたことと思います。

 

ただし、

それにはプロとしての知識・経験が絶対的に不可欠です。

 

私はまだまだ修行中ですが、

筋骨格系のプロフェッショナルとして、

これからも皆様の笑顔のために専門性を研ぎ澄ませていきます。

 

ご相談などありましたらコチラ↓からお願いします。

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

冷え性は治療できる?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道市御調町で唯一の「疼痛専門セラピストのブログ」へようこそ!

 

ここでは毎回、

慢性的な「痛み」にお悩みの方に向けて、

少しでも改善のヒントとなる情報を提供することをコンセプトとしています。

 

 

さて、

私は元々作業療法士という仕事柄、

腱鞘炎や冷え性など手指の症状をお持ちの方の相談を受けることがしばしばあります。

 

 

原因は様々ですが、

 

・子供を抱っこする時間が多い

・仕事で繰り返し重いものを持つ

・ゴルフで変なところに力が入った

 

等々、その方のライフスタイルに大きく左右されます。

 

 

いずれにしても、

手指という末端の器官に生じるトラブルをどう解釈するか?

 

 

ちょっとイラストを見ながらイメージして下さい。

f:id:toratezza0316:20170314062545p:plain

ショベルカーをモデルに、

人間の上肢(肩甲骨~手指)を模式化してみました。

 

 

「土を掘り起こす」という作業を安定して行うためには、

キャタピラがしっかりと地面に接していなければなりません。

 

その上でスコップの部分が質の高いパフォーマンスを発揮出来ます。

 

 

指が強張る、力が出ない、痺れる、冷たくて感覚がない・・・

 

これらの現象に対して、

より身体の中心に近い器官の機能を確認する。

 

例えば、

・腕を上げるとこの辺で詰まってくる

・首を傾けると突っ張る

・二の腕のあたりがやたらと固く感じる

 

等・・・

 

何か左右で違いを感じる要素がありましたら、

ほぼ間違いなくその部分に原因があります。

 

 

ここで言う原因とは、

・筋膜のトラブル

・血行障害

・筋繊維の内部にある神経の絞扼(圧迫されている)

などです。

 

 

現象に対して原因を特定することが重要で、

痛み止めで誤魔化せば済むという問題ではありません。

 

原因が分かれば「治療」を提供する事ができます。

その場しのぎの対応を繰り返している方がもしいらっしゃいましたら、

ぜひご相談下さい。

 

 

痛み止めから卒業する

をテーマに、全力でサポートしていきます。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

 

 

 

1日に何回「深呼吸」をしますか?

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道市御調町で唯一の疼痛専門セラピストです。

 

今日は肩こりに悩むあなたへ、

重要なセルフメンテナンスについてお話します。

 

 

人間は、

身体のどこかに不調を来たすと、

その部位を守ろうという防衛反応が働きます。

 

平たく言うと、その部位を「固める」ことで保護します。

 

したがって、

外傷の有無に関わらず運動機能が低下している状態とは

概ね「身体のどこかが固まっている」状態

と言えます。

 

 

腕を挙がるとき、

あなたは自分の肋骨がついてくるのを感じることができますか?

f:id:toratezza0316:20170304061425p:plain

 

腕に限らず、

人間の運動は「その部位だけの動き」で済むことは殆どなく、

常に土台として働く部位や連動する部位があります。

 

 

腕が挙がると、

脇の下の筋肉が最大限に伸張され、

胸郭と呼ばれる肋骨で囲まれた組織を持ち上げようとする力が発生します。

 

それによって、

「腕を上げると肋骨がついてくる」という感覚が発生します。

 

ただし、

私のお客さまのほとんどは

「そもそも筋肉が伸びない状態」

であるため肋骨が動く感覚など殆ど分かりません。

 

 

では、

腕が上がるとき以外にも肋骨が動く状況があるでしょうか?

 

 

はい、

深呼吸です。

 

 

胸郭は肋骨と肺(+心臓)、それらを繋げる筋肉でできており、

肺に空気をしっかり入れることで「胸を張る」ことができます。

f:id:toratezza0316:20170304063343p:plain

肩こりで悩まれるお客さまの殆どが、

肩をすくめた姿勢をとっており

「胸を張る」という運動を全くといってよいほどされていません。

 

 

1日に何回深呼吸をしますか?

と尋ねると

「・・・全然しないです」

と答える方がほとんどです。

 

 

したがって、

肩関連の問題を抱えるお客さまには、

まず胸郭の動きをつくっていくことから治療が始まります。

 

その上で、筋肉の伸張性や軽さにフォーカスします。

 

 

この事実を知らないと、

「痛くてもしっかり上げなさい」

「力が弱いからだよ。今から100回上げるよ」

 

などと根拠のない指導をすることになり、結果

「余計に固くなった」

「痛みが治まらない」

ということが医療現場でも普通に起こっています。

 

リハビリは今でも「頑張るもの」という認識ですが、

いずれこちらの無知から生じる患者さんの不利益は、

医療事故として認識されるようになるはずです。

 

そうならないように、

指導する側は正しい知識を身につけることが不可欠ですが

指導を受ける側も、

納得いかないことにはしっかりと意見を仰ってください。

 

腕が上がらないという現象に対して何を優先するべきか。

病院のブランドなどに拘らず、

信頼できる専門家を選ぶ勇気を持ってくださいね。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

与える者になる

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

尾道・御調で唯一の疼痛専門セラピストです。

 

自分をどう定義するか?

 今日はこのテーマについて、いつものように脱線しながら語っていきます。

 

長らく専門家として仕事をしていながら、

「自分が顧客に提供する利益とは何か」

を考えることがありませんでした。

 

「リハビリ」という単語を出せば無条件で顧客から信頼してもらえる

そんなおこがましさがどこかにあったからです。

 

 

「医者」「看護師」「弁護士」「税理士」etc・・・

 

これらは職業名であって、

具体的に何をもたらしてくれる存在かは

社会的な知名度

接触する機会の多さ

によって顧客の中に浸透していきます。

 

我々の存在は今でこそメジャーになりつつありますが、

それでも

理学療法士とか作業療法士

という職業名称からイメージするものは、

「リハビリってあれでしょ?マッサージとか筋トレするやつでしょ?」

 

程度の認識でおられる方がとても多いと感じます。

f:id:toratezza0316:20170228054137p:plain

まぁ実際こんな感じの練習はどこでも見かけますし、

「どれだけ頑張ったか」

「どれだけ負荷に耐えられたか」

を基準に動いているセラピストの方が多いのが現状です。

 

 

・・・最近とても疑問に感じること。

 

我々の診療報酬は20分で250点(2,500円相当)、

1時間トレーニングをすれば7,500円に相当します。

 

その場で金銭のやりとりをするわけではありませんが、

顧客は保険診療ながらもそこそこ高額な金額を出資した上で

「クタクタになる」

という不思議な現象が日常化しています。

 

ちなみに、

顧客のニーズは

「元気になりたい」「普通の生活がしたい」

であって、

決してムキムキになりたいわけではありません。

 

ただ、

病理を抱えた状態からどうやって改善するのか分からないから、

白衣を着た「専門家」と名乗る人に頼るしかないのです。

 

結果、

言われるがままになる訳ですが、

改善するかしないかは「努力次第」という認識に陥る

というのがリハビリ業界の現状です。

 

 

 

ある内臓疾患で繰り返し入院している患者さまは、

過去に脳梗塞を発症したことで右半身が痺れています。

 

しかし1日1000歩以上を目標に挙げられ、

律儀に実践しておられます。

 

ただ、

それを繰り返す内に

痺れが増強し足は重たくなり、すぐに息が上がるようになった

とおっしゃいました。

 

私が初めてお会いしたとき、

「リハビリはもう十分してきたから別にいいよ」

と半ば諦め気味な口調でしたが、

 

過去の経験を十分にお聴きした後に、

私は

「〇〇さんの希望は足が軽くなることですよね。

そしたらこれまでとは少し違った視点から、それを目指します」

と約束しました。

 

ちなみに、

痺れの原因は努力性の緊張から来る筋肉の強張りが慢性化し、

硬い筋肉が周囲や筋肉内の神経を圧迫しているためです。

 

痺れが慢性化している「元栓」の部位である、

大殿筋や小胸筋(詳しくは次回以降に紹介します)の緊張を抑制していくと、

 

「何か足が上がるようになった」

「腕も楽になってきた」

と変化を感じて頂けます。

 

結果、直接的に歩行訓練をすることなく

「足をひこずらんようになった」

「疲れにくくなった」

という運動の効率化を経験されることになりました。

 

 

こういった「ボタンの掛け違い」のような事象は、

病院の中だけでなく地域社会でもたくさんあります。

 

 

これらを踏まえて、

自分が顧客に提供する利益とは

 

痛み止めを手放せない地域の方が、それらを卒業して幸せに生活すること

安心して相談できる窓口になること

 

これが専門家としての究極的な使命であり、

決してブレないビジョンです。

 

もちろん、

到達出来るかどうかはともかく、

その実現に向かって1歩ずつ進んでいくことが重要だと思っています。

 

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

 

治療を実施するにはまず評価が必要!

今日もアクセスいただき、本当にありがとございます。

尾道で唯一の疼痛専門セラピストです。

 

すごく基本的なことかもしれませんが、

我々が体調を崩してお医者さんにかかるとき、

いきなり薬を渡されることはまずありません。

 

問診があって診察、血液検査、レントゲンなど・・・

病院に行けば色々な検査を受けることになります。

 

理由は、当然「原因を特定するため」ですね。

 

原因を特定することができて初めて「治療」が成立します。

 

そして、

我々の領域でも全く同じことが言えます。

 

痛みを抱える対象者に対して、原因を評価する。

「首が痛いのだから首が原因じゃないか」

「腰が痛いのだから腰が原因じゃないか」

と思われるかもしれません。

ただ、

それならば首や腰をマッサージすれば改善するはずですよね。

 

しかし、

実際には全く改善しない。

 

なぜなら、首が痛い原因が別の場所にあるからです。

 

 

頸椎症で手術後、

首の痛みや痺れが続き「腕が上がらない、上げようとすると痛い」という患者さまにお会いしました。

首を手術している訳ですから、当然首(頸椎)に機能障害があります。

 

ただし、

触診をしていくと肩から指先まで全体がガチガチに硬くなっています。

 

そこで、

親指の付け根の「ある部分」を捉えてゆっくりと腕を上げてもらいました。

 

すると、

「あれ、腕が上がるね」「あんまり痛くない」

と驚かれます。

 

何が起こったかというと、

筋膜を利用して短縮した筋肉を一時的に伸張させ、

腕を上げるために必要な引っ張る力が出せるか

を確保したというわけです。

 

つまり、

「腕が上がらない、痛い」という現象に対して、

腕全体の筋肉の強ばりや短縮が原因であり

親指の緊張を上手くコントロールすることで最小限の努力で腕を上げられる可能性がある

という治療仮説が成立します。

f:id:toratezza0316:20170224063603j:plain

実際、

この方の掌は踵のような皮膚の状態で非常に強張っていました。

 

治療提供後、

「楽に上がるようになった」

という満足感のある結果を得ることができました。

 

 

リハビリという空間は、

どうしてもその性質上「頑張らないといけないもの」「鍛えること」

という世間一般的なイメージが強すぎます。

 

同じ病院内のスタッフですら、

「リハビリじゃけぇ頑張るのよ」

と口を揃えて患者さんを説得しています。

 

これをご覧になったあなたには、

適切な評価(現象→原因→仮説)が治療につながること、

治療には必ずしも努力を必要としないこと

をご理解いただきたい

と切に想っております。

 

適切な治療に当たるためには

評価のための時間が必要になります。

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、

お気軽にご相談下さいね。

 

http://salon-mizuki-rehabilitation.strikingly.com/

痛み予防の難しさ

今日もアクセスいただき、本当にありがとうございます。

  

仕事をしていて最も嬉しく感じるのは、

患者さんの痛みがいつの間にか消えて

「楽になったんですよ」

と笑顔でお話して下さる瞬間です。

 

痛みという緊急かつ重要な問題に対して、

適切な評価と最適な戦略を用いて改善に導く

という緊張感のある作業は、

私の専門家としてのアイデンティティとして揺るぎないものになりつつありますし、

まだまだお客様から教わること・気付かされることも多いです。

 

 

さて、

お客様の抱える痛みが改善すれば、

ひとまずお客様は満足して一旦「卒業」ということになります。

 

もちろん、

そのまま痛みのない状態が持続すれば言うことはないのですが、

人間は運動パターンや姿勢・重心の取り方など、

どうしても痛みのきっかけになっていたであろう以前のクセが出るものです。

 

したがって、

日常生活の中で微細な損傷や局所的な筋疲労が蓄積されやすく、

ある一定量を超えたとき

再び痛みとして表面化されてくることが多くあります。

 

このとき、

やはり筋骨格系の問題として適切に対応する必要があります。

ただし、

その場合は以前と類似した問題が浮上しやすいため、改善に導くことは比較的容易になります。

 

重要なのは、

筋疲労や微細な損傷が蓄積していかないよう予防していくことだと思いますが、

緊急を要する問題でなければ人間はおろそかになりやすいものです。

 

私の臨床では、

痛みの原因をしっかりと評価した上で効率的な運動を確保していきます。

 

つまり、

筋疲労や損傷をおこしやすい部位をお客様と共有することを重視しているということです。

 

したがって、

お客様は自分の問題点を把握し普段から工夫するべきことを持ち帰って実践してただくことができます。

 

こうした取り組みがあなたを最短で痛みの無い状態に導き、

それが持続することで高い価値を感じていただける要員の一つです。

 

現代人の抱える「痛み」は思ったよりも深刻です。

当方では、

無料で痛みに関するお悩みの相談をお受けしています。

お気軽にご相談くださいね。